大学と合格率

薬剤師の合格率は、大学と併せて発表されています。この背景にあることを知らないと、国家試験を受けて合格できるかどうか、大きな差ができてしまうことになるでしょう。大学によって違う合格率の背景には、どれだけ合格に力を入れているかということがあげられます。合格率を上げるために、かなり濃いカリキュラムを組んでいる大学もありますし、大学内で試験があり、それに合格できないと国家試験を受験できないとしている大学もあるのです。そのため、高い合格率を維持しているところは、それだけ難関となっているといえるでしょう。

もう一つの側面として、私立と国立の違いもあります。岡山大学の様に将来の活躍を重要視している国立の場合には、かなり高い合格率を持っていますが、一般的には都築学園やいわき明星大学のような私立大学のほうが合格率は高い傾向になるといえるでしょう。これは、それだけ設備等に力を入れているということがあります。その代わりに、学費は国立では6年間で350万円程度といわれている中、1000万円を超えることも珍しくありません。

合格率をとるか、それとも学費をとるかという選択になる場合もありますが、薬剤師になりたいというのであれば、できるだけ設備や環境が整っている大学を選択するほうが、道のり的には近いといえるのです。